プエラリアの副作用とうまく摂り続けられるように気をつけること

プエラリア使用の際に注意をしなければならないこと

cd989f59141f833b4eda38b73308aff8_s

 

ホルモンバランスを崩してしまう可能性

2種類ある女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つのバランスがきちんと取れていることが健康な身体を保つためには必要不可欠です。バストアップのためにサプリメントを摂取し、このバランスが崩れてしまうようではいけません。

プエラリアが含まれている豊胸サプリメントには女性ホルモンのうちのエストロゲンに働きかける成分が配合されており、摂取の仕方によっては2つのホルモンバランスが崩れてしまう危険性があります。

エストロゲンとプロゲステロンの作用とは

エストロゲンは髪の毛や肌を綺麗にしたり、骨を丈夫にしたり、バストを大きくしたり新陳代謝を高めてダイエットしやすくなったり、気持ちが落ち着いて心身ともにいい影響の出る女性ホルモンです。排卵前に分泌がさかんになります。

一方のプロゲステロンはイライラしたり倦怠感を覚えたり、何となく体の不調が出てしまう厄介なホルモンですが、妊娠をするために分泌は欠かせません。この二つの分泌量に変化が出ることで生理周期が生まれます。

足りなくても過剰でも悪影響のあるエストロゲン

バストアップにも欠かせないエストロゲンはストレスや加齢とともに分泌量が減ってしまいます。女性の更年期障害はまさにエストロゲンの現象によって引き起こるものですので、イソフラボンやプエラリアなどエストロゲンと似た働きをする成分の配合されたサプリメントなどを摂取して、症状の緩和に役立てることもできるのです。

ですが、逆にエストロゲンの量が増えすぎてしまってもプロゲステロンとのバランスが悪くなってしまいます。プエラリアを過剰摂取してしまうと、豊胸効果どころか、

  • 生理不順や不正出血
  • 肌荒れ
  • 頭痛
  • 貧血
  • 心身のだるさ
  • 乳がんなどのリスクが高まる

などさまざまな悪影響が身体に表れてしまいます。特にプエラリアはイソフラボンの何十倍ものエストロゲン分泌促進効果がありますので、摂取にはそれだけ注意が必要なのです。

正しくプエラリアを摂取するために必要なこと

fd7a4853169cc18a162d105b2d178c3e_s

 

産地や純度に注目する

同じプエラリアでも商品ごとに成分の配合量に純度などがかなり違ってきます。品質によって副作用の現れかたに差がありますので、純正品であり、産地や原材料の収穫時期などが明確になっているできるだけ質のいいものを選んでください。いいものを選ぶとそれだけ価格が高くなってしまいますが、安いサプリメントを購入して体調を悪くしてしまっては元も子もありません。

一日の摂取量を守る

目安となるプエラリアの摂取量は、一般的に200mg〜400mgだとされていますが。これを越えないことを基準にして体調を見ながら量を調製してください。少なすぎても効果が得られませんが、目安量だからと不調を出しながら飲み続けることもいけません。

身体の大きさなどによっても個人個人の適切量は異なりますから、自分にとっての適量を見つけることが大切です。少量から試していき、少しずつ量を増やすといいでしょう。

アレルギーがあれば摂取はしない

心配される副作用にもう一つ、アレルギーがあります。天然由来のものであってもどんなに品質のいいものであっても成分が身体に合わなければ摂取は控えなければなりません。これはあらゆる食品にいえることですが、体調に見過ごせない変化が出たら直ちに使用はやめてください。

正しく摂取できれば嬉しい作用もいっぱい

副作用が気になるプエラリアですが、ホルモンバランスを整えるためにきちんと使用することができれば、バストアップだけではなく、

  • 生理不順の解消や生理痛の軽減
  • 美肌になる
  • 髪の毛がツヤツヤになる
  • 心身ともに好調になる

などのエストロゲンの嬉しい作用による身体にいい効果も表れます。

実際にAカップからDカップにまでバストアップに成功し美しくなれたというかたも珍しくありませんので、自分の適量を守って摂取を続けていくことをおすすめします。

こちらのコラムも人気です!